こだわりの“きなこ”


きなこは大豆からできていることをご存知でしょうか?

弥生時代に大豆が日本に伝わり、

1300年ほど前(奈良時代)からきなこは食べられています。

当時のきなこは、大豆に含まれる栄養素から、薬として珍重されていたようです。


日本での主な産地は北海道や九州地方ですが、

『豆屋のきなこ棒』に使用しているきなこは全て

地元広島県廿日市市で生産された大豆を使用しています。






大豆の品種選びからこだわり、大切に生産された大豆を、

豆菓子製造で繋がりのある同じく広島の老舗メーカーに依頼し

NOBUTAROオリジナルのきなこにしていただいています。






食べた時のとろける口溶けをよりなめらかにするために、

きなこの製法にもこだわっています。


通常のきなこは、

大豆を焙煎した後に粉砕しますが、

『豆屋のきなこ棒』で使用しているきなこは、

大豆を焙煎した後に繊維質な大豆の薄皮を取り除き、粉砕しています。


こうすることで、食べた時に口の中に残るざらざら感が少なくなり、

口溶けよく感じられます。







とろける口溶けのきなこ棒に、ふわっととろけるきなこパウダーを

たっぷりかけてお召し上がりください。



余ったきなこパウダーは、

牛乳に溶かしたり、パンにかけたりと、さまざまなアレンジをお楽しみください。