地球に優しい大豆




『豆屋のきなこ棒』の原材料は、

・きなこ

・豆乳クリーム

・砂糖

・黒糖

・水飴

・塩


動物由来の原料は使用せず、

植物から作られた原料を使用しています。


得に、“豆乳クリーム”。

動物性原料は使用していないのにコクがあり、

くせがなくすっきりとした味わいで、大豆本来の甘味が感じられる“豆乳クリーム”です。


NOBUTAROはヴィーガン等に対応した商品作りを行っているわけではありません。

ですが、できるだけ環境や人に優しい商品作りを心がけています。







きなこの原料となる「大豆」は有機農法の考えを取り入れた生産方法。


有機農法とは?

有機農業は、基本的には自然との調和を大切にし、化学肥料や農薬に頼らず、丁寧な土づくりをすることで、そこに生息する多様な生き物と共生しながら行う農業のこと。

具体的には、2006年に策定された「有機農業推進法」に定義されている以下の条件をクリアした農業の方法です。

  • 化学的に合成された肥料や農薬を使用しない

  • 遺伝子組み換え技術を利用しない

  • 農業生産に由来する環境への負荷をできるだけ低減している


除草剤なども使用せず、人の手で丁寧に不要な草のみを除去していきます。


のびのびと育てられた大豆は、品種にもよりますが

機械的に大量生産される大豆よりも背丈が高く、青々とした葉に育ちます。







最近、「大豆」と言えば、“大豆ミート”を使用した製品をよく目にしますね。


昔から畑の肉と言われるほどタンパク質が豊富に含まれており、食べ応えのある「大豆」は、

美容、健康、ダイエット、環境、宗教など様々な思考がある中で代替肉として注目されています。


大豆の可能性は無限大。


NOBUTAROは「大豆」の専門ブランドとして、

『大豆のおもしろさ』を体験していただけるような商品作りを行って参ります。