大豆の生産が始まりました


夏らしい気温と日差しが降り注ぐ中、

今年も、NOBUTAROの大豆の生産が始まりました。






NOBUTAROの大豆は、

広島県廿日市市の生産者さんに生産を特別にお願いしています。


大豆の播種(はしゅ:種を植えること)は、

天気や気温、降雨量などの様子を見ながら時期を決めています。


そして先日、大豆の播種を行っていただきました。






「大豆」の種は、「大豆」です。


「大豆」を2粒ほど等間隔に土に植え、

播種から約10日で小さな芽が土から顔を出します。






廿日市市の綺麗な水と太陽を十分に浴びて、すくすくと育つ大豆の様子は

こちらのブログにて経過をお知らせしていきます。


Instagramでも、随時更新しておりますので

ぜひチェックしてみてくださいね。









この夏の暑さがやわらぎ、少し涼しくなってきた頃には「枝豆」が。

そこからもう少し我慢して、晩秋の肌寒く感じる気候になった頃には「大豆」に。


収穫できる日が、今から楽しみです。