採れたての枝豆




10月上旬頃。

大豆畑の大豆は、枝豆の旬を迎えました。


先日の様子から、鞘の中の豆が膨らんできていることがわかります。






大豆になる前の貴重なタイミング。

ぜひ、枝豆の状態でも楽しみたい!!


農家さんにお願いを聞いていただき、

枝豆の状態で少し収穫させていただきました。






身がたくさんついている枝を少しだけ。






収穫したての枝豆には、産毛がたっぷり。

鮮度が高い証拠です。







まずは枝から鞘を切り外します。


汚れを流水で洗ってから、粗塩を適量えだ豆にすり込むように馴染ませます。

これによって、産毛がとれて綺麗になるそう。







粗塩をすり込んだあと、そのまま沸騰したお湯で5分ほど茹でます。

ちょうど良い食感に茹で上がったら、ザルに移して出来上がり。


粗塩をすり込んでから茹でているので、うす塩味に仕上がっています。







茹でたての枝豆は緑鮮やかで、豆の甘味とぽくぽくとした食感を楽しめます。


枝豆の旬は品種にもよりますが、10月まで。もう終わってしまう頃ですね。

枝豆の鮮度は高ければ高いほど美味しいと言われています。



まだ間に合う方は、ぜひ試してみてください。